外皮計算 説明義務化

2021/4/3

説明義務化に対応するだけじゃないホームズ君外皮計算3つのメリット

blog

2021/3/20

認定低炭素住宅をおすすめする3つの理由

blog コンサルティング 外皮計算 説明義務化

2021/3/20

説明義務化スタートにあたり、準備は良いですか?

blog 外皮計算

2021/3/20

外皮計算サービス「STANDARD」の詳細

blog 外皮計算 説明義務化

2021/3/20

説明義務化で必要な外皮計算サービスをご紹介します。

説明義務化対応  外皮計算パッケージ

『300㎡以下の建築物(住宅、小規模店舗など)の設計の際、その建築物の省エネ性能基準への適合性等について書面を交付して説明すること』が義務付けられるようになりました。

 

そこで当社では、説明義務化に対応した外皮計算サービスパッケージを用意しました。

 

省エネ性能計算サービスパッケージ

①UA値(外皮平均熱貫流率)計算

②一次エネルギー消費量計算

③省エネ基準への適合性に関する説明書

④(適合しない場合の)性能確保のための措置を検討・ご提案

以上の内容を網羅したサービスパッケージで説明の資料としてはこれだけあれば十分です。

価格は 33,000円(税込)(令和3年5月末まで)

 

 

すみません、ところで説明義務化って何ですか?
以下の記事をご参考にしてみて下さい。
どうする?省エネ性能の説明義務制度 ポイントを解説

2021年4月からの「説明義務化」って何? その住宅が省エネ基準をクリアしているかどうかをお施主さまに説明することが義務になることです。 説明義務化とは 2021年の4月から300㎡(約90坪)以下の ...

続きを見る

省エネ性能の説明義務化について ポイントをスライドで解説

2021年4月から「住宅の省エネ性能についての説明義務制度」がスタートします。ここではポイントをスライドで解説します。 いかがでしたでしょうか? ◎説明義務化について、よろしければこちらの記事もご参照 ...

続きを見る

 

わかりました。実際に説明する内容は下の通りで良いですね。

説明する内容

  • 省エネ基準への適否
  • (省エネ基準に適合していない場合)省エネ性能確保のための措置の内容
そうですね。省エネ基準への適否は2つの項目で判断することになります。

省エネ基準適否の項目

  • 建物の外皮性能(UA値:外皮平均熱貫流率とηAC値:夏期日射取得係数)
  • 建物の一次エネルギー消費量
では、やはり外皮計算は必要ですね。(面倒ですう・・・)
はい。ということでよかったら弊社サービスをご検討くださいね。

通常の外皮計算サービス”LIGHT"プランに説明書作成や改善措置のご提案まで含んだお得なパッケージです。

まとめ

  • 説明義務化に対応した外皮計算パッケージが33,000円(令和3年5月末まで)
  • パッケージにはUA値・一次エネ計算・説明書作成・改善措置提案を含みます。
  • 説明義務化の説明資料はこれだけあればOK!

外皮計算サービスはこちら


 

 

 

 

 

 

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.