blog

徹底解説‼️ 外皮計算 28年省エネ基準 

外皮計算とは

住宅における外皮計算とは住宅の省エネルギー基準において、基準の適否を判断するのに必要な計算の事です。

1.外皮平均熱貫流率(UA値)

UA値(ゆーえーち)は建物の各部位(屋根・天井、外壁、床・基礎、窓、玄関ドア)の

熱損失量の合計(総熱損失量)を外皮全体の面積で割った数値です。

単位温度、単位面積あたりの熱損失量を表すもので、数値が小さければ小さいほど、

断熱性能が良いと言えます。

 

2.冷房期平均日射取得熱(ηAC値)

ηAC値(いーたえーしーち)は冷房期において屋根・天井、外壁、ドア、窓から侵入する

日射熱の合計を外皮面積の合計で割った数値です。数値が小さいほど、建物内に侵入する

熱が少なく、冷房負荷が小さいと言えます。

 

 

平成28年度 住宅の省エネルギー基準とは

建築物省エネ法(H28年4月施行、いわゆる “28年度基準” )において300㎡以下の住宅に

おける省エネルギー性能の評価に、以下の2つの基準が用いられることになりました。

 

 

外皮性能については、日本全国を8つの地域に分け、それぞれの地域基準を下回ることが、

省エネ基準の適合条件となります。

一次エネルギー消費量基準は、地域・建物面積・住宅性能について、あらかじめ国が定めた

「基準エネルギー消費量」があり、一次エネルギー消費量がそれより少ないことが適合条件となります。

※300㎡以下の小規模建築物(住宅など)は規制措置であり、適合義務ではありません。(記事執筆時、2020年7月)

 

なぜ 外皮計算が必要か

外皮計算が省エネルギー基準の判定の1要素であることはお分りいただけたと思います。

ではなぜ、外皮計算が必要なのでしょう??

 

一次エネルギー消費量計算で必要

一次エネルギー消費量の計算は建築研究所のwebプログラムで行います。

その最初の方のシートで建物のUA値を入力する場所があります。

 

そもそも、外皮性能がわからない状態で暖房や冷房にかかるエネルギーの

消費量は出ませんものね。

 

 

暖冷房設備の選定に必要

外皮の熱損失を明確にした上で初めて、冷暖房設備の適切な容量が選定できます。

例えば同じ16畳のリビングでも地域や外皮性能によって選ぶエアコンの容量は

違って当たり前です。という訳で、ここでも外皮計算は必要です。

 

性能確保の措置のために必要

2021年から始まる「説明義務制度」では、設計中の建物が省エネ基準に適合して

いるかどうかを建主に説明する必要があります。

 

設計中の建物が省エネ基準に適合しているかいないか、

省エネ基準に適合しない場合、性能確保のための措置も合わせて説明する必要があります。

例えば、「断熱材の厚みを変える」や「窓の性能を良いものに変える」といった措置

のことです。

その際、改善する前とした後を確かめるためにも外皮計算は必要ですね。

住宅の省エネルギー性能を建て主に説明する義務について

Contents住宅の省エネルギー性能を建て主に説明する義務について説明義務化の目的とは説明義務化で必要なこと外皮計算サービスについてまとめ 住宅の省エネルギー性能を建て主に説明する義務について 20 ...

続きを見る

 

まとめ

  • 外皮計算とはUA住宅の断熱性能を表す数値でUA値(外皮平均熱貫流率)とηAC値(冷房期日射熱取得率)を計算すること。

 

  • 住宅の省エネ基準は外皮性能基準と一次エネルギー消費量基準の2つの基準がある。平成28年度基準は全国を8地域に分け、それぞれのエネルギー消費量に応じた基準が定められている。

 

  • 外皮計算は以下の理由で必要

①一次エネルギー消費量計算のため

②適切な冷暖房設備選定のため

③説明義務化のため

外皮計算サービスはコチラ

 

 

 

-blog

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.