住宅設備設計

換気について

換気は住む人や住宅にとって、大事なはたらきをしています。

換気について、ひと通り解説してみたいと思います。

換気の目的

換気の目的は大きく分けて2つあります。

  1. 空気の入れ替え
  2. 湿度の管理

人は呼吸で酸素を吸収し、二酸化炭素を放出しますね。

但し、室内にいる時に二酸化炭素の濃度が濃くなると体によくありません。

池田耕一氏 「空気環境と人体」「建築設計資料集成1、環境、
丸善刊、1978年

そのため、2003年 建築基準法が改正され、一般住宅は2時間に一回家全体の空気を入れ換えることのできる機械換気装置の設置が義務付けられました。

換気の種類

住宅の換気システムは3種類あり、下図の通りです。

一般財団法人ベターリビング 「シックハウス対策のための住宅の換気設備マニュアル」より

一般住宅で圧倒的に多いのは第三種換気です。

第三種換気は排気を機械で強制的に排出し、排気した空気と同じ分だけ、給気口から自然に給気されます。比較的安価で設置工事も簡便であることから普及していますね。

昨今の高気密高断熱住宅ではしばしば第一種の熱交換換気が見られます。

第一種換気は給気も排気も機械で行い、給気排気をする途中でそれぞれの熱を入れ替えて動かします。

第二種換気は給気が機械で強制的に、排気が自然にというもので

病院の手術室や精密機械工場など特殊な用途の部屋に使われます。

-住宅設備設計

Copyright© 株式会社テンプラス , 2021 All Rights Reserved.