住宅設備設計

換気システム

熱交換換気の種類

熱交換換気は全熱交換と顕熱交換とに分かれます。顕熱交換は温度と湿度のうち

温度のみを交換し、余分な湿気は屋外に排出します。

全熱交換は温度と湿度の両方とも熱交換します。さらにダクトあり、ダクトなしに分かれます。


熱交換換気の効率

熱交換換気の最大の特徴は「冬場に外の冷たい空気をそのまま室内に入れない」ことです。

必要な換気量を確保しようとした時、普通の三種換気等だと廃棄したのと同じ量だけ新鮮だけれど冷たい空気を入れなけれななりません。

熱交換換気は室内で発生した「暖かくて汚れた空気」と外気の「冷たいけど綺麗な空気」の熱を入れ替えることをしています。

熱交換換気においては、「熱交換効率の良さ=機器性能の良さ」と言えます。

例えば熱交換効率90%とは「外気0℃、室内20℃の時にその90%の熱を交換することになり、内外の温度差20℃×90%=18℃」 

0℃の空気が18℃になって室内へ供給されるということになります。

これにより、特に寒い地域では暖房をする時間や量が少なくて済みます。

欧州で熱交換換気のことを「heat recovery system」と呼んだりするのはそのためなんですね。

-住宅設備設計

Copyright© 株式会社テンプラス , 2021 All Rights Reserved.